マンション売却や住み替えは税金のご相談も業者へ~住み替えにおける売却と購入~

マイホームを住み替える際は、売却と購入の2つの手続きを行う必要があります。

売却と購入の手続きは同時に行う方が良いのか、売却してから購入する方が良いのか、購入してから売却する方が良いのか…お悩みの方もいらっしゃると思います。マンション売却・住み替えをサポートするマンション売却相談室が、住み替えを成功させるコツを解説します。

住み替えにおける売却と購入はどちらが先?

悩む女性

マイホームの住み替えで購入を先行させると、じっくりと物件を探すことができ、納得のいく住み替えが可能になります。また、仮住まいを探す必要もなく、引っ越しの手間が省け、費用の削減にも貢献します。買い先行型のデメリットは、購入資金を事前に用意しておく必要があり、住宅ローンが二重になる場合がある点です。

マイホームの住み替えで売却を先行させると、売却価格が決まっているため資金計画が立てやすく、余裕のある返済ができるようになります。

また、じっくりと時間をかけて売却できるため、売り急ぐ必要はなく、高値で売れる可能性が高まります。売り先行型のデメリットは、仮住まいが必要になる場合があり、引っ越しの手間や費用がかかる点です。

売却と購入を同時に行うと両方のデメリットが解消するため、売り買い同時進行型が理想です。売り買い同時進行で住み替えを行う場合は、仲介業者を選ぶ際に「売り」「買い」を同じ会社に依頼するとスムーズに進められます。

住み替えでよくあるトラブル

2つの家の模型を持った人

住み替えでは「売り買い同時進行型」が理想ですが、なかなか思い通りにいかず、トラブルになることがあります。住み替えでよくあるトラブルとして、次のようなものが挙げられます。

理想的な物件が見つかり、すぐにでも購入したいと思っても、現在住んでいる物件がなかなか売れないことがあります。物件が売れないことには、売り買い同時進行型で住み替えをするのが難しくなりますので、値下げをするなどの対策を講じることが必要です。不動産会社の営業力に問題がある場合は、別の業者に仲介を依頼することも検討しましょう。

「売買契約の締結が終わるとすぐに引っ越しできる」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、売買契約を締結してから物件が引き渡されるまでに、期間が必要な場合があります。したがって、物件の引き渡し日を確認した上で、引っ越しの手配をするようにしてください。

具体的なアドバイスが可能な業者をお探しならご相談を~ローンや税金の理解も必要~

住み替えにおける売却では、購入と売却のタイミングが重要になってきます。また、ローンや税金についても理解しておく必要があります。不動産屋と一口に言っても、得手不得手がありますので、必ずしもローンや税金に関する知識が豊富なわけではありません。

「住み替えにおけるマンション売却に詳しい業者なのか」「ローンや税金について相談できる業者なのか」などを事前に把握して、自分に合った業者を選ぶようにしてください。

マンション売却相談室にご相談いただきますと、理想的なタイミングで住み替えができるように尽力します。マンション売却・住み替えをサポートしますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

マンション売却や住み替えをお考えの方へ

会社名 株式会社関谷健不動産販売
URL https://sekiya2103.com
住所 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目27−1
電話 03-5640-9300
FAX 03-6332-8991
e-mail info@sekiya2103.com
交通

都営新宿線「浜町駅」徒歩3分

半蔵門線「水天宮前駅」徒歩6分

日比谷線・都営浅草線「人形町駅」徒歩8分

設立日 平成30年3月1日
事業内容

不動産売買仲介業

マイホーム売却コンサルタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加