空室での販売で、絶対に避ける事は?(東京流!中古マンション売却法)

初めてでも高く売れた!をお届けしている

マイホーム売却プランナーの関谷健です。

 

 

今回は、空室で販売する事になった場合に、絶対に避けなければならない事をお伝えします。

 

 

回避方法はとっても簡単!

 

 

 

内覧が入った時に、担当営業マンに「立会う」ように依頼する。これだけです。空室の内覧方法の中では、立会いが一番良いので、高く売りたければ、担当営業に必ず伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

これを言わないと、さて、どうなるか…

 

 

今回は、一番最悪な内覧方法、「鍵取り」を参考までに、お伝えしておきます。

 

 

「鍵取り」というのは、あなたが依頼した不動産会社に、物件の鍵を借りに行かないと、買手の不動産会社が案内できない、内覧方法です。

 

 

 

 

先ほど、「参考までにお伝えします。」といいましたが、

 

 

あなたが、何も言わないと、この「鍵取り」になる確率が4割くらいありますので、参考まで…では済まされないかもしれません。ご注意ください。

 

 

 

何が最悪か。

 

 

 

「鍵取り」の内覧は、ちょー面倒!なので、全国の買手側の営業マンが、案内したくなくなる!という事が理由です。

 

見てもらえなくなるので、
最終的に、値下げする要因となってしまいます。

 

 

 

つまり、

高く売れる事はない。のです!

 

 

 

どのように面倒なのか。

私が世田谷区の不動産会社にいた時

の実例をお伝えします。

 

 

この実例では、私が買手様を連れて、

案内する立場となります。

 

物件は、同じ世田谷区。

もし内覧方法が「立会い」であれば、私と買手様は、そのまま世田谷の物件に行くだけです。

 

楽でやる気・体力もありますし、売手側の営業が、立会いをしてくれますので、心強い。

 

 

 

 

 

 

さて本題の「鍵取り」

 

 

言葉通り、売手の不動産会社まで鍵を取りに行かなければいけません。その時は、赤坂でした。

 

 

 

 

二子玉川から赤坂に行き、鍵をゲット。

 

赤坂から二子玉川に帰社。

 

物件を案内。

 

物件案内完了。

 

二子玉川から赤坂へ行き、鍵返却。

 

赤坂から二子玉川へもどり、帰社。

 

 

 

…ふぅ

 

 

そうなんです。

相当に面倒な事が、お分かりになっていただけましたか?

立ち会いをしてくれれば、

 

二子玉川から現地に行けば良いだけですし、

 

実際に、そのようにしっかりと対応している

 

会社がいる事を考えると、本当に面倒なのです。

 

 

 

鍵取りは、物件の案内を「後日・後回し・先送り」にしたくなりますので、不動産屋は、すぐに案内してくれません。

 

 

 

 

最後に、このホームページでも、何度もお伝えしていますが、

 

売手側の不動産の役割は、何だったでしょうか。

 

「全不動産会社の 販売サポート」です。

 

 

 

 

鍵取りは、全然サポートにならず、

逆に買手側の全不動産会社を苦しめる状態です。

 

 

あなたが、何も言わないと

こんな体制で、販売されてしまいますよ。

 

必ず、「案内がはいったら、立ち会いしてくださいね!」と担当営業マンに言ってくださいませ!「絶対に鍵取りにはするんじゃ~ないよ!」を加えれば文句なしです。

 

 

 

 

ご覧いただき有難うございます。

是非、無料のメールマガジンにもご登録してみてください!

 

 

宅地建物取引士 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事