個別相談の問合せページ

 

個別相談について

 

個別相談のページへお越しいただき有難うございます。

 

 

書籍を読まれたり、当ブログにてご興味を持たれた方や、このページにお越しくださいまして、感謝申し上げます。

 

※営業目的でのお問い合わせは、ご遠慮ください。

 

 

 

さて、個別相談に関してですが、

 

 

1、相談費用は、無料です。

 

2、相談時間は、1時間30分前後(充分に課題解決、方向性が出ます)かかると思います。

 

3、相談場所は、東京駅から1時間以内。もしくはズーム・ラインビデオ等のテレビ相談で行います(ご希望に合わせます)。場所(カフェ、自宅、職場)は自由です。

 

 

 

無料ですが、弁護士や税理士の有料相談と同様に、専門的な知識を惜しみなくお伝えし、中立な立場で、あなたにとって有益な不動産活用や段取りなどをご提案します。一回でご納得できる方向性が見つかりますので、お忙しい方にもオススメです。

 

 

売る、貸す、何もしない、いつやる、何する、どうやる、いくら必要か、など様々な課題を解決し、理想的な将来像をご提案いたします。

 

 

私は医療と同様に、不動産の相談もセカンドオピニオンを推奨しています。

 

 

これは何故か

これは私が10年以上前に母の癌治療の時に、医者ですら得手不得手がある事を体感したからです。

 

 

治療方法や手術の方針、提案も医者それぞれに違います。騙したりはしないと思いますが、その知識レベルや技術レベルで、治療方法が変わるのは否めないと思います。

 

私の母は、セカンドオピニオンをして手術を成功させましたが、もしセカンドオピニオンをしてなければ、高い確率で今は存在していないと思います。

 

 

 

一方、不動産業の営業マンは、医者と比較してどうでしょうか。

 

 

大きな会社のスタッフであれば、安心でしょうか。知人であれば大丈夫でしょうか。

 

 

 

命に関わる話ではありませんが、今後の人生で大切な資産や大きなお金を動かす事になりますので、命と同様に大切な岐路になることは間違いないのではないでしょうか。

 

 

 

あなたが私から受けた提案、もしくは他社から受けた提案以外にも、あなたに適した話があるかもしれません。

 

 

 

是非、あなたも不動産もセカンドオピニオンをしてみてください。

 

 

 

 

大きな会社、私のような専門家、知人、など同じ分野でなく、色々な分野だとより幅の広い提案が受けられると思います。

 

 

 

 

 

さて、個別相談をするにあたり、

何点か取決め事項がありますので、下記もご確認のうえ、お問合せください

 

【個別・査定相談前の情報提供】

 

1、お客様情報の提供(住所・氏名・電話・メールアドレス・家族構成

 

2、売却予定の物件所在地

 

3、考えている計画の概要(例1:子供が生まれて家が手狭になる為、広い所に引越したい。例2:転勤でマンションを売るか、貸すか迷っている。等)

 

4、ご希望の相談日時(3つ程の候補日時をいただけると合わせやすいです)

 

以上を申し込みの問合せフォームにご記入してください。

 

 

 

 

事前にお聞きする事で、限られた時間でより密な打合せをしたいという趣旨で、情報をいただきます。また、情報の外部提供、営業活動には一切利用しませんので、ご安心ください。

 

 

 

 

お問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

こちらからでもOKです。

マンション売却相談室  info@sekiya2103.com

 

 

 

 

初めての自宅売却成功を目指すあなたが、一日でも早く納得できるよう、心より応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加