マンション売却の相談・査定はマンション売却相談室へ~仲介と買取の違い~

マンション売却の相談をどこにするべきか迷ったら、マンション売却相談室へご相談ください。住み替えや相続などでマイホーム・マンション売却など不動産の売却を検討する場合、売却方法を知っておくことが必要です。

不動産売却の方法は仲介と買取があり、仲介と買取では手順や売却価格が違ってきます。ここでは、不動産の売却方法の違いを説明し、不動産会社の選び方を解説します。

売却方法(仲介・買取)の違い~マンション売却の相談はマンション売却相談室へ~

仲介と買取の違い

不動産の売却方法は仲介と買取があります。仲介は不動産業者と媒介契約を締結し、不動産会社に買主を探してもらいます。買主が見つかると売買契約を締結して不動産を売り、売却代金を受け取るという流れになります。

買取は、不動産業者が買主になり、不動産業者に不動産を買取ってもらって売買代金を受け取るという流れになります。

高値で売りたい場合は仲介がおすすめです。売却できるまでに3~6ヶ月かかることがありますが、買取よりも高値で売れる可能性が高いです。ただし、希望する価格で売れるとは限りません。なお、仲介の場合は、買主が見つかると仲介手数料を支払う必要があります。

早急に売却したい場合は、買取がおすすめです。買取だと買主を見つけるための営業活動が不要で、不動産業者が直接購入するため、2週間~1ヶ月程度で売却することができます。しかし、売却価格は仲介よりも安くなることが多く、高値で売ることは難しいです。なお、買取の場合は仲介手数料の支払いは不要です。

スムーズにマンション売却をすすめたいという方は、ぜひマンション売却相談室へご相談ください。

不動産会社の選び方~不動産会社の担当者に不満があったらマンション売却相談室へ~

不動産会社の担当者

不動産売却を成功させるには、不動産会社の選び方にかかってきます。不動産売却では数千万円の大金が動きますので、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。過去に不祥事を起こし行政処分を受けた経歴がある不動産会社は信頼性が低いので、宅地建物取引業者名簿を閲覧して、行政処分歴を確認しておくと安心です。

不動産会社にはそれぞれ得意分野があり、賃貸マンションの仲介を得意とする会社や売買業務を得意とする会社、宅地開発を中心に行っているデベロッパーなどがあります。

賃貸マンションの仲介を得意とする会社に不動産売却を依頼しても高値で売ることは難しいので、不動産の売買が得意な不動産会社を選ぶようにします。気になる不動産会社がありましたら、まずは査定を依頼してみましょう。

不動産を高値で売るには、担当者の人間性と専門知識、営業力にかかってきます。担当者が宅地建物取引士の有資格者で、わかりやすく説明してくれ、信頼できる人だと確信したうえで、仲介や買取を依頼することが大切です。

もし、不動産会社の担当者に不満がある、査定額に疑問点があるなら、マンション売却相談室へご相談ください。

マイホーム・マンション売却に関することはマンション売却相談室へ~高額売却セミナーも開催~

不動産の売却方法は仲介と買取があり、高値で売りたい場合は仲介がおすすめで、早く売りたい場合は買取がおすすめです。

マンション売却相談室は「マイホーム専門」の売却プランナーで宅地建物取引士の有資格者が代表を務めており、マンション売却を成功させるためのお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

高額売却セミナーも開催しているので、少しでも高く売却したい方は高額売却セミナーにご参加ください。

マイホーム・マンション売却に関するご相談はマンション売却相談室へ

会社名 株式会社関谷健不動産販売
URL https://sekiya2103.com
住所 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目27−1
電話 03-5640-9300
FAX 03-6332-8991
e-mail info@sekiya2103.com
交通

都営新宿線「浜町駅」徒歩3分

半蔵門線「水天宮前駅」徒歩6分

日比谷線・都営浅草線「人形町駅」徒歩8分

設立日 平成30年3月1日
事業内容

不動産売買仲介業

マイホーム売却コンサルタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加