第3者チェック「売却パートナー」ランディングページ

只今、好評につき、当サービスは「セミナー参加者のみ」申込受付とさせていただいております。ご了承ください。

 

 

こんな心配事はありませんか?

☑ 売れない…。

☑ 担当の営業マンに不満がある。頼りない。

☑ 場所が東京近郊でなく、関谷に頼めない。

☑ 関係上、頼まなければいけない営業担当がいる

 

 

こんな要望はありませんか。

☑ 早く売りたい。

☑ まだ値下げは、したくない

☑ できるだけ高く売りたい。

 

 

こんな心配や要望がある方へ、新サービスをご紹介!

 

 

 

更なる安心と高額売却を!売却の第3者チェック!

 

「マイホーム売却パートナー」

(返金保証付)

 

 

 

売却パートナーの役割

 

あなたには、信頼している不動産会社・担当営業がいると思います。

 

「売却パートナー」は、

あなたの不動産会社に知られずに、売却状況をチェッし、

あなたと不動産会社との信頼関係を崩さないで、状況を改善させる事で、

高く売却できる確率を上げるサービスです。

 

 

 

具体的な内容

 

1、高く売れる確率をMAXまで高めます

  売却パートナーと、あなたの担当営業と、の知識を融合させる高額売却法です。

  担当営業を味方につけ、お互いの知識を最大限に活用します

 

2、担当者に何を言うべきか、相談すべきかをお伝えします

  売却パートナーは、担当者と接触する事はありませんが、

  担当者に知られずに、販売状況や販売体制をチェックいたします。

  あなたへの助言者であり、不動産に詳しい相談者とお考え下さい。

 

3、いつでも相談できる味方です。

  悩み、分からないこと、腑に落ちないこと、心配なことを、

  いつでも相談する事ができます。

 

 

 

利用するイメージ

サービスを利用しなくても、担当者への感謝の気持ちは変わらないかもしれません。

変わるのは、価格です。

 

例:査定額5000万円のマンションを売却

 

■利用しない場合

(販売中)全て任せて、何もしない 

(結 果)4500万円で契約(▲500万円)

 

 あなた「時間がかかったが、担当営業はよく頑張ってくれた。ありがとう

 

 

■売却サポートを利用 

(販売中)「売却サポーター」の助言を受けながら、担当者に改善の依頼をする 

(結 果)5300万円で契約(300万円アップ)

 

 あなた「担当営業と売却パートナーに感謝!」 

 

 

 

主なサービス内容

  • 1、囲い込みチェック(他業者への受け答え、対応をチェック)
  • 解説:他社の販売協力なくして高くは売れません。しっかり対応しているか確認します。

 

特に、物件の状況確認の電話で、きちんと対応しているか。

ダメな対応例 

×「この物件は、担当者への確認となります(事務員)」

×「売主の都合が悪いので、その日は見られません(担当営業)」

×「申し込みが入っています」

×「契約予定です」

…など、他社に対してどのような応答をしているか、確認します。

 

 

 

  • 2、レインズ状況をチェック(業者間サイトのチェック)

解説:他社も利用する販売ツールが魅力的でなければ高く売れません

 

  • 図面が掲載されているか。他社が紹介しやすい状況になっているか。
  • 図面が魅力的か
  • 写真やライフインフォメーション等、詳しい情報を記載してくれているか

 

 

  • 3、HPやスーモ等の文面・写真チェック(魅力的な作りか)

解説:写真が悪くては魅力が伝わりません。高く売れません。

   曇り空の眺望写真、スポンジが写っているキッチン…これでは高く売れません。

 

  • 写真の内容確認(写真は明るいか、不足はないか、近隣スポットも紹介しているか)
  • 写真にコメントが入っているか。魅力的な文章か。
  • どのサイトに掲載しているか。

 

 

 

  • 4、案内時の室内状況のチェック

解説:例えば、照明。お店と同様に照明は全て点灯してお出迎えしましょう

   …など案内の基本をチェックします。

 

  • 冷蔵庫のメモ書きキッチンのスポンジ類、洗面台の歯ブラシなどは隠しましょう
  • カーテンは、できるだけオープンにし、明るさを演出しましょう。など

 

 

 

  • 5、販売業者の選び方(どこに依頼するか・3か月の更新契約時)

解説:査定書の内容担当者の発言を確認し、提案助言いたします。

   また、専任か一般がいいか、最善の担当営業を選ぶサポートをいたします。

 

 

 

  • 6、空室時の案内方法のチェック(他業者が案内しやすいか)

解説:他社営業の負担になることは、できるだけなくさなければいけません。

   物件と担当会社が遠い場合に、鍵が会社にあったら案内すらしてもらえないのが実情です。

 

  •  立ち合い(担当営業がカギを開けて、物件の説明をする)になっているか。
  •  室内の空気(夏なら涼しく、冬なら暖かくなる工夫はあるか)
  •  照明はつくかどうか。など色々と配慮が必用です

 

 

7、交渉相談(価格交渉が来た時、契約書類のチェックなど) 

解説:担当営業は、話をまとめる事が仕事ですが、その話で進めるか否かを決断する為に

   客観的なアドバイスを行います。

 

 

  • 8、無制限のメール相談

 解説:あなたからのメールは無制限に受け付けております

    不動産の売却に相当詳しい家族がいると思って、お気軽にご相談ください。

 

 

以上が、主なサービスの内容です。

 

 

 

 

申込方法

  • ステップ1、住所・氏名・電話番号・メールアドレスを記入して

      当社へメール info@sekiya2103.com

 

  • ステップ2、担当から連絡が来ますので、お待ちください。
  •       売却物件に関する内容、状況お聞かせください。
  •  
  • ステップ3、当社がサービスを提供できる場合は、口座番号をお伝えします。
  •       お振り込みいただき、サービスがスタートします。

 

 

 

料 金

  • 一律10万円(税別)返金保証付きです。

 

返金保証の内容

  • 成約した金額が、査定額(※)以下の場合は全額を返金します。
  •  

(※)査定額の算出方法:他社査定額の平均とします。(但し一括査定は平均査定より△8%とします)

    例 A社査定額 5000万円  B社査定額 4500万円  C社査定額 5600万円

      平均査定額 5033万円(一括査定の場合は、4630万円)

 

 

物件価格の値下げは、100万円単位ではなく、

200万円~300万円前後の幅となります。

(例:5280万円 → 4980万円 ▲300万円)

 

また、1億を超える物件は500万円単位となる事も少なくありません。

(例:1億3800万円→1億3300万円 ▲500万円)

 

更に、最後の価格交渉では、端数の230万円、80万円など、

少なくとも50万円単位の価格の下落が簡単に行われてしまいます。

 

 

お客様(買主)に魅力を感じ、あなたの家の「いいね!」が増える事で、

より欲しい気持ちが高まれば、

そのままの価格で成約する事も当然にありますし、

値引き、値下げ交渉も最小限に抑えられる事でしょう。

 

 

 

返金保証がついているから、頼んでもみてもいいかな?

という気持ちも嬉しいですが、

より高く、今後よりよい生活をしたい!を実現する為に、ご利用くださいませ。

 

取扱いエリアは全国です。

メール、スカイプやズーム等のビデオ相談などで、あなたの資産を50万円単位で

アップさせて参ります。

 

 

ご質問がありましたら、

info@sekiya2103.com  へお気軽にお問合せください。

 

 

売却プランナー

株式会社関谷健不動産販売 代表取締役 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加