マイホームを売却する際に必要な費用と書類~高額売却を目指すならマンション売却相談室へ~

マイホームを売却する際には、仲介を依頼した不動産会社に支払う仲介手数料などの費用がかかります。ここでは、マイホームを売却する際に必要な費用と書類について説明します。査定よりも高額で売却したい方は、マンション売却相談室へご相談ください。

マイホームを売却する際に必要な費用

仲介手数料

費用の計算をするための電卓

不動産売却が成功した時には、仲介を頼んだ不動産会社に仲介手数料を支払うことが必要です。仲介手数料の上限は宅建業法で売買価格の3%+6万円+消費税と決められており、売却価格が高額になるほど仲介手数料もアップします。

印紙税

購入希望者が見つかると売買契約書を作成することが必要になります。売買契約書を作成する際には印紙税がかかり、契約書に金額分の収入印紙を貼って消印することで納税します。平成32年(2020年)3月31日まで軽減措置が取られており、1,000万円を超え5,000万円以下の場合だと印紙税は1万円です。

登記費用

不動産を売却する際には所有権移転登記をすることが必要ですが、その際の登記費用は買主が負担します。売主は抵当権抹消登記の手続きが必要で、登録免許税と司法書士への報酬として2万~3万円の費用がかかります。

その他の費用

測量費、建物の解体費、不用品の処分費などが必要になる場合があり、マイホームを住み替える場合は引っ越し費用がかかります。

マイホームの売却に必要な書類~査定よりも高額売却を目指そう~

印鑑証明書と実印

印鑑を押す人

3ヶ月以内に発行したものが必要です。

身分証明書

運転免許証やパスポートなどが必要です。

登記済証または登記識別情報

「権利証」と呼ばれている書類です。

固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

最新のものを準備します。

マンションの管理規約、または使用細則などマンションの維持費等の書類

マンションを売却する場合は必要になってきます。

建築確認済証および検査済証、建築設計図書・工事記録書等

戸建住宅を売却する際に必要になります。

土地測量図・境界確認書

戸建住宅を売却する際に必要で、隣地との境界が明確でない場合は、測量をして境界を明確にしておくことが必要です。

耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書等

新耐震基準が適用される前の古い建物を売却する際に必要になってきます。アスベスト使用調査をした場合は、アスベスト使用調査報告書も提出します。

これらが代表的な必要書類になりますが、売却する物件によっては、他の書類が必要になる場合があります。

マイホームを査定よりも高額で売却するには、「不動産会社の担当者と共に売却する」という意識が大切です。マンション売却相談室は、そのためのサービス「マイホーム売却パートナー」を提供いたします。「マイホーム売却パートナー」は、少しでも高額で売却できるように担当者に言うべきことや正当な売却方法を伝えながら、マンション売却相談室アドバイスするというサービスです。

マイホームを売却したら書類は大切に保管しよう

マイホームを売却した時に、譲渡所得があったら税金を支払う必要があります。その税金は、条件によっては特例が受けられることがあり、税負担を軽減できるかもしれません。

マイホームを買替えの時にも、譲渡損失の損益通算や繰越控除の特例を受けられることがあります。その時の手続きに、マイホームを売却した時の書類や証明が必要になる時があるので、大切に保管しておきましょう。マイホームを少しでも、高額で売却したいという方は、ぜひマンション売却相談室までご相談ください。

マイホームの売却をお考えの方はマンション売却相談室へ

会社名 株式会社関谷健不動産販売
URL https://sekiya2103.com
住所 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目27−1
電話 03-5640-9300
FAX 03-6332-8991
e-mail info@sekiya2103.com
交通

都営新宿線「浜町駅」徒歩3分

半蔵門線「水天宮前駅」徒歩6分

日比谷線・都営浅草線「人形町駅」徒歩8分

設立日 平成30年3月1日
事業内容

不動産売買仲介業

マイホーム売却コンサルタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加