ポストに入っているチラシが気になる方へ(東京流!中古マンション売却法)

初めてでも高く売るんだ!という意欲ある方の期待に応えます!

マイホーム売却プランナーの関谷健です。

 

 

さて今回は、ポストに入っているチラシについてお話します。

毎日のように不動産関係のチラシが入っていますが、そのチラシを代表する某S社のチラシについてお話します。

 

いきなりですが、あのチラシの内容は、ウソ(だと思う)です。

 

 

 

都市圏の方はよく見ると思いますが、次のような内容のチラシです。

 

「〇〇地域のマンション」を、

次の「大きさ」と「予算」で探しています。

 

「50〜60m2  2LDK」  予算7000万円

「80〜100m2  3LDK」  予算1億2000万円

・・・・・

・・・・・

 

こんな条件で物件を探している(具体的な)お客様います!という内容が、3~4項目書いてあります。ほぼ全てが、相場よりかなり高い価格書いてあります

 

しかも最近は進化しており、「浜町3丁目のマンションの方へ」とか「ABCマンションの居住者様へ」など、マンションを特定させて、具体的に攻めています。

 

 

 

このチラシについて、あなたはどう思いますか。

 

 

 

言われなくても、誇大広告と分かっている読者の方もいると思いますし、逆に「ウソでもいい。これも縁だから、もしかしたら本当にいるかもしれない」と思う人もいると思います。

 

 

そこで!!!

 

この広告に対する対応方法を今回は、お伝えします。

 

 

気にせず、S社以外の他社で進める

チラシを無視するのではなく、

S社でない他社(2社くらい)で査定して金額を確認します。チラシの内容と、2社の査定額が近ければ、きっかけをくれたS社も検討するという方法です。

あまりにもS社のチラシに載っていた金額と他社の査定額が違っていたら、オトリ広告と思っていいでしょう。S社に連絡しなくてよかった!となります。

 

 

 

 

他社で「S社のチラシの金額」で売り出しをする

他社の査定額が「S社のチラシの内容より低い」のは当然ですが、S社に本当に買いたいお客様がいるかもしれません。他社で販売を依頼する際に、2週間だけ「チラシに載っていた金額」で販売してもらいましょう。

 

2週間経過後は価格を下げて、普通に販売します。

 

何故なら、2週間あれば、レインズを通じてS社にも届きます。

念のため、あなたの家が販売している事を、担当者からチラシをいれたS社に連絡を入れてもらいましょう。

 

 

 

 

S社に連絡してみる

どうしてもS社が気になる!という人は、S社に電話してみないと、気持ちはスッキリしないでしょう。

聞いたことある会社ですしね….

 

 

気をつける事は「深入りさせない」事です。

仲介契約(媒介契約)を早々に求められたら、注意しましょう。

なぜなら、彼らの目的は、3ヶ月間の専任媒介をもらう事です。

売りを任させる事が目的で、チラシを入れています。

 

 

でもあなたの目的は「チラシのお客様が本当にいるか、いない」を判断する事です。

S社とは、媒介契約を締結しないで、その買手を案内する事だけを依頼しましょう。

そのチラシのお客様が本当にいれば、1週間以内に案内が入るはずです。

 

深入り(3か月の媒介契約)は、しないでくださいね。

 

 

 

色々と動いてみて、チラシのお客様がいない事が分かったら、改めて、信頼できる業者選びをスタートさせましょう。

 

おとり広告を、これ以上蔓延させない為には、あなたの正しい行動が必要です。

 

 

 

文責:宅地建物取引士 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事