納得!なるほど!売却業者に「信頼」は不要(東京流!中古マンション売却法)

今回は、「売手側の業者は、信頼はいらない⁉︎」をお伝えします。

 

 

こちらのページは、住宅不動産の業界歴25年、
2000人を超える不動産売買の相談に関わり、
「自宅マンションを高く売る方法」の本を執筆をした
マンション売却の専門家である関谷健がお送りします!

 

 

 

 

どういう事?、信頼はいらない?

一番大切な事は「信頼」だろ!と思っていると思います。

 

 

 

今回の話が何の役に立つかというと、

「会社の規模」だけで、売却会社を選ぶのは無意味で、

「個人の実力」に目を向ける方が大切である事が分かります。

 

 

 

さて、結論を申し上げます。

あなたと売却業者は、信頼が必要ですが、

買う人と売却業者は、信頼は「不要」なのです。

 

「買う人」目線で考えると、売却をする不動産会社の信頼は不要という事です。

 

 

一体何故でしょうか。

 

買い手のお客様は、買い手のお客様が選んだ不動産会社が別にいるからです。買手が自ら選んだ不動産会社を信頼して購入するから、売り側は関係ないという話にります。

 

 

つまり、買手側には、買手側の担当営業が味方についている。

 

 

つまり、あなたが、大きい会社を選ぼうと、

中小規模の不動産会社を選ぼうと、どんな会社を選ぼうと、

 

 

 

 

買う人には、そこの「信頼」は必要ない!

 

 

ということになります。

 

 

 

では、買い手側のお客様には、あなたの売却担当営業マンの何が影響するのでしょうか。

何が関係してくるのでしょうか。

 

 

 

 

 

答えは「情報」です。

 

 

一例をお伝えしますので、イメージして欲しいのですが、
買うお客様は、買い手側の不動産会社を信頼して、物件を探しています。

 

買い手の不動産会社にとっては、案内する物件は「初めて」見る事になります

 

つまり、買手業者は絶対的に物件の情報量が少ないのが現状です。

 

 

 

そこで、あなたの売却担当営業の出番になります。

 

 

あなたの物件情報を、買い手の「不動産会社」へ色々と教えてあげたり、

買手側の業者が、内覧に連れてきて際には、お客様も来ていますので、そこで、買手業者に代わって情報発信やプレゼンテーションをしてあげます。

 

 

 

これが買い手と関係する「情報」のひとつです。

 

 

 

このシチュエーションでは、売り業者は、プレゼンをする人であり、情報を伝える人。

信頼は必要ではありません。

 

 

これが、売り業者の役割なので、

あなたが、不動産会社を選ぶ上では、上手に情報発信ができる人を選ぶのもひとつです。

話が分かりやすい人、センスがありそうな人などです。

 

 

今回の話は以上になります!

脳みそが、ぐちゃぐちゃになった人もいるのではないでしょうか。

 

 

会社の規模も大切ですが、買手目線で考えると、

個人の実力に目を向けて、業者・担当営業を選ぶといいでしょう!

 

 

こちらのページは、住宅不動産の業界歴25年、
2000人を超える不動産売買の相談に関わり、
「自宅マンションを高く売る方法」の本を執筆をした
マンション売却の専門家である関谷健がお送りしました。

 

文責:宅地建物取引士 関谷健

 

■50のノウハウが届く無料メール講座(約2ヶ月間。購読解除も簡単)

■当社の動画CM (関谷も登場します)

(音量にご注意ください)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事