注意したい「2種類の査定」とは?(東京流!中古マンション売却法)

初めてのマンション売却を成功に導きます!

マイホーム売却プランナーの関谷健です。

 

今回は、「注意したい『2種類の査定』」についてお伝えします。

 

 

最初に伝えます。

 

この2種類の違いを知らないと大失敗します。

 

 

特に読んでほしい方は、

築年数の古い家にお住まいの方、

不便な場所だと思っている方、

自分の家が、売れるほど価値がないと思っている方、

自分の家を買う人はいないと思っている方、

以上のような「自宅 否定型」の人です。

  

また、

営業マンに対しても「私はいい人、いいお客」と思われたい人や、

目の前の人(営業マン)を、割と信用する人、

断れない人なども最後まで読んで欲しいです。

 

 

 

過去の事例、成功事例をお伝えしながら、今回のテーマ「2種類の査定」について説明します。

 

==============

セカンドオピニオンで救われた。

==============

 

〇〇万円、相場よりも高く売りました!…なんていう事例は私にはいくつもあり、そこは皆様、期待していると思います。

 

ただ、今回は、話をひっくり返します。

 

相場で売ったけど、〇〇万円得をした。

という事例です。

 

危うく騙されるところを救った話と言ったところでしょうか

あなたもそうならないように、是非是非、参考にしてください。

 

 

Kさんは60代の夫婦。

世田谷区の築35年のマンションに

新築時から住んでいました。

 

お子様も独立し、ご実家に引越をする事になり、

売却査定を実施。

 

まず、某大手不動産の営業と相談。

査定を「7〜8件」を出すとの話でした。

 

金額提示日。

 

8件の査定見積書がならび、

営業マンは「最も高い金額の所と話を進めましょう」という、

このような状況でした。

 

 

 

あなたなら、どうしますか?

 

1、信頼できそうな人(会社)だし、こんなに沢山、査定してくれた。もう他に行っても仕方がなさそうだから、このまま進めよう

 

2、査定してくれたが、大切な資産。他にも聞いておこう

 

その場で決めるか、決めないか…

この2択になると思います。 

 

 

結果、

私のお客様は2番を選び、私に相談しました。

 

 

でも、

業界の事を知らない

もしくは、

営業に多く声をかけたくない場合、

1番で進めてしまう気持ちも理解できます。

 

 

最終的に私は、

1の最高額よりも、1100万円高く売りました

3600万円が4700万円です。

 

 

では、何が1番では、いけないのでしょうか。

 

 

ポイントは「買う人は誰か」です。

 

 今回のケースでいう、相談をした不動産会社(某大手不動産会社)は、買う人ではありません

 

不動産の仲介業者で、売買の間に立つ仕事をするだけです。あなたのサポート役が仕事です。

 

では、今回の査定で買う人は誰でしょうか。

 

「不動産の買取業者」

「一般消費者、一般ユーザー」

のどちらでしょうか。

 

 

わかりやすく言い換えると、

業者か、業者でないか…です。

 

 

 今回相談した不動産営業マンは、不動産の買取業者」を対象8社査定依頼して金額を提示しました。

最も高い金額であっても、不動産買取業者ですから、その金額に「利益をのせて」、再度、一般ユーザー向けに販売する事が彼らの儲けであり、仕事です。

 

 

だったら、あなた方は、最初から一般ユーザーを対象にして販売した方が、高く売れるに決まっています

 

お分かりになりましたでしょうか。

 

 

誰を対象(買い手)とした査定書をするかで、結果が全く違います。

 

 

結果、お客様は、

2種類の査定がある事、業界の事、業種の違いに気づき

私をパートナーに選び

売却活動をしてくれました。

 

2割超の金額を救われ、大変喜ばれました。

 

 

本日のメール講座のポイントを改めてお伝えします。

 

・査定は「業者の買取価格」と「一般ユーザーの購入価格」の2種類ある!

・セカンドオピニオンをしよう!

 

 

==========

あとがき

==========

査定には、「業者」査定というものがあります。

 

これを知らないと、先ほどのケースのように、一番高い価格で売れて、よかった!色々と見積もりをとっていただき、ありがとうございました!という、訳が分からない状況に、知らず知らずの内になってしまいます。

 

では何故、あなたを半分騙すような、査定をするのでしょうか。

 

買取業者が買うと、不動産の営業は、

1、早く取引が出来て、楽。

2、儲かる。

…からです。

  

1、のケースはプロ同士ですので、話も早く

販売活動をしなくても良いので、楽です。

 

2、業者が買えば、あなただけでなく業者からも手数料をもらえます。

同じ取引で、報酬が2倍になります。

 

 

ざっと、こんな感じです。

 

今回のケースの場合、

あなたの資産価値は1100万円下がる。

あなたは、1100万円損をします。

が、

  

不動産の仲介手数料は、110万円が220万円になり、

仲介業者は、同じ取引で、110万円得をします。

 

「誰が購入する査定書ですか」など、しっかりと確認していきましょう。

不動産の査定の種類が2種類ある事を忘れないでくださいね。

よく見かけるケースですから。

 

 

文責:宅地建物取引士 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事