amazon評価☆4.5(27件中) こちらの本に則り、売却をサポートします。

 

医療と同様に、不動産の相談もセカンドオピニオンを推奨しています。

 

これは何故か

 

医者も得意不得意があります。これは私が10年以上前に母の癌治療の時に感じた事です。治療方法や手術の方針、提案も医者それぞれに違います。

 

医者は騙したりはしないと思いますが、その知識レベルや技術レベルで、治療方法が変わるのは否めないと思います。

 

 

一方、不動産業の営業マンは、医者と比較してどうでしょうか。大きな会社のスタッフであれば、安心でしょうか。知人であれば大丈夫でしょうか。

 

 

命に関わる話ではありませんが、今後の人生で大切な資産や大きなお金を動かす事になりますので、命と同様に大切な岐路になることは間違いないのではないでしょうか。

 

 

この本は、どの営業マンが担当しても、ある一定以上の成果を上げる事ができ、その先にある「高く売却できる」方法が記載されています。

 

 

是非セカンドオピニオンのように、本の内容を参考にしていただければと思います。

 

 

 お陰様で2020年11月時点では27名の方がコメントをしてくださり、多くの人が高い評価をしてくださっています。中古なら1000円以下ですかね?(写真は2020年6月時点、22名の評価)

 

 

 


 

 こんな感じのシンプルなタイトルですが、内容は色々と書いてありますし、ライターさんが文章を書いていますので、如何せん、読みやすい!

 これが私が、パチパチと手入力している、当メルマガやブログとは、一味違う、良い点かもしれません。

 

 

 本当に、1つでも2つでも実行すれば、高く売れる確率は上がりますので、是非試してみてください。1600円が数百万円に価値になる話は、大げさではないです。もちろん「絶対」ではありませんが、どうせ売却をするのであれば、高く売れる「確率を高めて」行きたいではないですか。

 

 

では、書籍の「目次」を記載しておきます!

 

 

1.はじめに

 

2.知っているとグッと得する、不動産仲介業者の選び方・付き合い方

 ① 地元?ネット?業者はどこで探すのがいい?

 ② 大切なのは「看板」より「人」

 ③ 相談は複数の業者で!

 ④ 業者選びで迷ったら、ここをチェック

 ⑤ 担当の本気度を上げる「魔法の言葉」

 ⑥ 仲介業者は途中で変えても大丈夫?

 コラム①:こんな営業マンには注意!

 コラム②:「囲い込み」って何?

 コラム③:「買いたい人がいる!」上手い話には裏がある?

 

3.マンション売買で知っておくべき五つの事柄

 ①ますは「レインズ」について知ろう

 ②査定の基準とは?

 ③仲介手数料とは?

 ④「一括査定サイト」を使うタイミング

 ⑤少しでも高く売るなら「正当な販売方法が一番

 コラム④:業者は0か100で動く

 コラム⑤:こんな裏行為が……?不動産業界の闇の実態

 コラム⑥:買取業者を使うタイミングとは

 

4.自宅マンション売却で気になるお金のアレコレ

 ①売ってから買うか、買ってから売るか

 ②ダブルローンとは?

 ③マンション売買ではどんな「諸経費」が必要になるのか

 ④実はいろいろある?不動産の価格

 ⑤先に買う?先に売る?

 コラム⑦:売値は高ければ高い方がいいのか

 コラム⑧:マンション売買で節税はできるのか?

 

5.積極的なプロモーションで売値アップ!

 ①高く売るためには担当任せにしない

 ②すぐ住みたくなる!見学者をそんな気持ちにさせるアピールの仕方

 ③担当を上手に使って印象度アップ

 ④広告の出し方のコツを知って、アピール力を上げよう

 ⑤イメージアップには写真が大事

 ⑥「買いたくなる」物件にするためには

 コラム⑨:絶対にやらせてはいけない「鍵取り」

 コラム⑩:売却を知られたくない、だけど売りたい

6.これであなたのマンションは高く売れる!

 

 

以上のような内容を詳しく書いております!

では、では、書店、アマゾンでお会いしましょう!!!

 

 

個別相談・無料査定は下記 URLからどうぞ。

https://sekiya2103.com/1to1soudan

 

 

 

 

 

 

自宅マンションを高く売る方法の著者、宅地建物取引士 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事