売却を依頼する不動産屋、不動産会社の選び方(東京流!中古マンション売却法)

今回は「不動産会社の選び方」をお伝えします。

 

 

 

「よく分からないから、大手にしておこう」

一括査定サイトから始めようかな」

「金額を知っておきたい、だけなんだけど」

 

 

 

このような人が今から得ておきたい知識をご紹介します!

 

こちらのページは、住宅不動産の業界歴25年
2000人を超える不動産売買の相談に関わり、
「自宅マンションを高く売る方法」の本を執筆をした
マンション売却の専門家である関谷健がお送りします!

 

 

 

 

今回は、会社の選び方

 

ただ不動産も取引士という、士業のような仕事です。

士業は、人の実力で大きく左右されますので、

会社編は、会社選びの入り口と考え、決断するところではないと思います。

 

 

 不動産会社には、種類がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産屋さんは、この世にたくさんあり、

街を歩いていても、よく見かけます。

 

しかも、お店には入りにくい。笑

あなたにとって、初めての事ですしね!

 

 

また、あなたの周りにも

不動産関係の仕事をしている知人

いるかもしれません。

 

知人の場合は、

実力は大丈夫かなぁ」

言いたい事が言えないかもなぁ」

「あまり、私事を知ってほしくないけど」

 

なんて思い、躊躇するかもしれません。

 

でも、基本的には、

色々と話を聞いてみる事をお勧めします。

 

 

その理由として、

 

不動産は色々な分野があるからです。

 

「取引」業の中では、

①建物売買業、②土地売買業、③代理業、④仲介業。

 

「賃貸」業の中では、

⑤賃貸仲介業、⑥貸家業、⑦駐車場業。

 

⑧不動産管理業などがあります。

 

 

この中で、

マイホームの売買に適した不動産業者

存在割合は、14.7%となっています。

(ウィキペディア 不動産会社より)

 

 

さらに、

不動産にまつわる、

不動産投資、

コンサル、

建設やリフォームなど、

不動産取引と組み合わせて、仕事をしている会社が無数にあります。

 

更に!

その会社の得意分野もありながら、

そこから更に!

会社のスタンスや

営業マン個人の得手不得手もあります

 

 

つまり、複雑。。。。よくわからない。(笑)

 

 

 

だから、

マイホームの売買が、そもそも得意な会社なのか、

主な業務なのかを、見極めながら

話を聞くとよいでしょう。

 

 

一つの見極めとして、

 

地元の不動産会社なら

お店のディスプレイがあります。

その構成が「住宅系の売買物件」

が4割以上であれば、得意な会社と考えられます。

 

知人であれば、

率直に得手・不得手を聞けるでしょう。

 

また、ネットをみるのも参考になると思います。

 

 

 

まず気を付ける事は、

知人や友人が、不動産関係の仕事をしているからといって、

安易に進めてはいけません。

なぜなら、先ほどお伝えした通り、14%、7人に1人しか、その道のプロではないからです。

(相談するのは良いと思います)

 

 

 

 大手よいか、中小がよいか。         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手のメリットは「安心した取引」ですね!

更に、クリーニング、トランクルームでの一時預かり、瑕疵担保保証など、

サービスが用意されています。

 

よくも悪くも営業力は平均的

どの営業にあたっても、そこそこ。

当たり外れも、ほどんどないでしょう。

 

ただ、大手だからといって、信頼し過ぎないでください。

 

 

安心した取引はでき、問題なく進められますが、

必ずしも、お客様を第一に考えた提案や販売をしてくれるとは限りません。

これは何度も何度も目の当たりにしてきましたし、

その大手営業マンの悪行は、このブログを発信するきっかけとなっているくらいです。

 

 

おそらく、上司や会社のノルマが厳しく、彼らの提案や、親切に感じるアドバイスが、実は会社都合になってしまう事は、十分に考えられます。

 

 

そう言った意味でも、

複数者に相談する事はあなたの資産を守る、防御策であると思います。

 

 

 

 

次に中小零細会社。

大手に入れなかった営業マン…(↓)

実力がある経営者(↑)

大手に行きたくない優秀な人材(↑)

社長のダメ息子や親族…(↓)

独立の意思がある営業マン(↑)

など、波があります。

 

ただ、優秀な営業に当たると、相場を超える取引が可能!

 

一度、地元の不動産会社を調べてみても良いと思います。

しっかりと、比較検討をなさってください!

 

比較やセカンドオピニオンは、とても大切です。

 

 

こちらのページは、住宅不動産の業界歴25年、
2000人を超える不動産売買の相談に関わり、
「自宅マンションを高く売る方法」の本を執筆をした
マンション売却の専門家である関谷健がお送りしました。

 

 

文責:宅地建物取引士 関谷健

■50のノウハウが届く無料メール講座(約2ヶ月間。購読解除も簡単)

■当社の動画CM (関谷も登場します)

(音量にご注意ください)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事