囲い込み問題から、身を守る方法 (東京流!中古マンション売却法)

初めてのマイホーム売却でも「高く売れる方法」をお伝えしている

マイホーム売却プランナーの関谷健です。

 

 

皆さま、騙されたくないですよね?

営業マンの都合のいいように利用されたくないですよね?

 

 

仲介業者と買主が良い思いをし、売主だけが割を食うこととなる「囲い込み」。

 

 

 

この「囲い込み」問題は絶対に回避しなければならない!

 

そこで!今回は回避法、「囲い込み」をされない方法をお伝えしたいと思います。

 

 

 複数社に販売を依頼する

これが、一番回避しやすい方法です。

 

 

相談するのも、複数社に相談し、

販売を依頼する会社も複数に依頼します。

 

 

そうすると、ライバルができますので、

営業マンの好き勝手ができなくなります。

 

 

 

専任の方が営業マンの「やる気」がでる…という話を耳にしますが、ライバルがいたら、やる気がなくなるなんて、信じられません。複数者に依頼したら、やる気がある会社が取引に成功できると思います。

 

 

また、専任になるとサービスが付く場合があります。

クリーニング

瑕疵担保保証、設備保証

トランクルーム貸し

空室であれば家具を置いてくれるサービスもあります。

 

このサービスは、数万~数十万の価値はありますが、囲い込みをされたら、数百万円単位で、価格が下がります。

 

 

囲い込みを疑いながら不動産会社と付き合いたくない方は、複数者に販売を依頼する「一般媒介契約」ですすめましょう。

 

 

一つ目は以上です。

 

 

 必ずレインズに掲載して販売する

「囲い込み」の方法として

1、付き合いのある業者と取引する

2、すでに狙っている顧客がいる

 

つまり、すでに買いたい人・業者がいて、その人と取引しようとします。

 

 

あなたが、売りたいだけであれば

すでに売りたい人・業者に売却すればいいと思います。

 

 

でも、このサイトは「高く売る」事が目的です。

すでに売りたい人・業者がいますが、

もっと他に高く買ってくれる人がいる事も考えられます。

 

 

そこで利用すべきが、レインズです。

 

 

不動産流通機構、通称「レインズ」と呼ばれる

不動産会社だけが見られる不動産サイトはご存知でしょうか。

 

「レインズ」に掲載して販売する。これが正当な販売方法です。

 

そうです、すでに買いたい人・業者に目を向ける前に、

レインズの先にある買いたい人に目を向けます。

 

あまりにも単純ですが、囲い込みを避ける重要な方法です。

 

 

レインズに掲載すると全国12万社の不動産会社に伝わります。

 

全ての不動産会社に知ってもらえるので、

思いもよらないお客様が見つかる場合があります。

 

 

また、物件近くの不動産会社は、自社のホームページに載せたい!

チラシを配布したい!など販売協力もしてくれますので、販売力が高まるのです。

 

 

 

いいですか。

「レインズに掲載して販売する事」これが正当な販売方法です。

 

 

ファーストステージ、セカンドステージ

不動産会社から、色々な提案があると思います。

 

「こうしましょう」「ああしましょう」「これがいいと思います。」

「買いたい人がいます」「即現金で買う業者がいます」

「古い物件なので、業者に買ってもらうのがベストです」

 

確かに悪い話ではない、

むしろ良い話に聞こえるかもしれませんが、

これらは全てセカンドステージ(第2段階)として考えます。

 

 

 

まずは、ファーストステージ(第1段階)を実施!

 

 

ファーストステージでは、どう販売するかお分かりですよね?

 

そうです。正当なレインスに掲載する販売を実施します。

 

 

私の経験上、ほどんどの方が、ファーストステージ(正当な販売)を

実施する方がよいと思っております。

 

 

 

 

このファーストステージで、数か月近く経過しても売却できない場合、

当初話があった「買いたい人・業者」に声をかけるセカンドステージに移行しましょう。

 

 

まとめ

営業マンに何を提案されても、囲い込みが心配な方は、

 

複数者に依頼する、一般媒介契約をするか、

専任媒介ならファーストステージを実施する方がよいと思います。

 

仲介業者と買主だけがよくて、

自分だけが割を食うなんて嫌だ!そんな方は実践してみてください。

 

 

 

※無料メールマガジンも参考になりますので、登録プリーズです。

https://sekiya2103.com/mail

 

文責:宅地建物取引士 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加