不動産売却の会社選びは複数社の相談をお勧めする理由

売却を依頼する会社探し。

特別な理由がない限り、複数社に相談するようにしてください。

 

 

 

不動産は一つしかなく、あなた自身も一人しかいないという「オリジナル中のオリジナル」の相談内容であり、その解決方法の一つに売却というものがあります。

 

 

「その方法の一つ」なので、あなたが考える以上に色々な不動産の活用があるのですが、それを教えてくれない可能性があるので、複数社・複数の営業マンに相談するのは、とても大切な事なのです。

 

 

一般的な不動産会社(仲介業者)にとって「売却」が一番仕事(売上)になるので、「売却前提」で相談に行く事は、本来好ましくありません。

 

 

「不動産をどう活用したらよいか」というニュートラルな相談で声をかける方が選択肢を提供してくれる可能性が高くなると思いますので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

不動産を購入する人が、物件を色々見ながら比較検討するように、売却する人も営業マンを色々見ながら比較検討する事をしてみましょう。

 

 

購入する時には、ネットで調べたり、物件を沢山見に行ったりする事で、だんだんと物件の良し悪しや、自分たちが何に価値を置いているのか等、時間をかけて経験し、理解してきたと思います。そこに不動産会社の営業マンがいてサポートしてくれたという形になっていたと思います。

 

 

1つか2つしか物件を見ないで、営業マンが勧めてくれたから購入したという人は多くはないと思います。

 

 

売却も同じです。色々な営業マンから、今の不動産の活かし方、今後どうしたら良いか等の様々な提案を聞き、新しい発見や気付きがあり、そして、時間を経る事で、方向性が明確になると共に、営業マンの良し悪しの判断も出来てきます。

 

 

例えば、最初に私に会ったら、私の良さは分からないと思います。他の営業マンと会う事ではじめて「あ、関谷さんがいいな」となる訳です。笑

 

 

これは人柄だけでもダメですし、豊かな提案力でもダメです。

相性であったり、計画が定まった時に、あなたにとって有益かつ信頼ができる人でないと任せられない訳です。

 

 

 

ダメな営業マンの例を少しあげると

1、売った後の話をあまりしない。(お金になる売却しか興味がない)

2、売却以外の話に、親身にならない。

 

というように、自分の事(売却する事)以外は、なんか反応が悪いなぁ。と感じたら、その営業マンはやめましょう。

 

 

 

医療でもセカンドオピニオンが一般的になりつつあります。不動産も大切な資産です、積極的に色々な人に相談して、ご自身で最終的に決定しましょう。

 

 

 

 

宅地建物取引士 売却プランナー関谷健

google-site-verification: google9234a66ecb1eacc0.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事