「一括査定サイト」の使い方(東京流!中古マンション売却法)

マイホーム売却プランナーの関谷です。

あなたのマンションや戸建を「高く売る」為の

ノウハウを分かりやすくお伝えしています!

 

さて、今回のテーマは、

「一括査定サイトの付合い方」をお伝えします。

 

 

安易に依頼をするなかれ。

私は、一括査定サイトの利用は、おススメしていません。

 

 

 

えーーーー!という声が聞こえてきます。

 

Q「でも、ちょっと価格を知りたいだけなのですが…」

おススメしません。

 

Q「でも、まだ不動産屋と会うのは嫌なので。」

おススメしません。

 

 

 

◆理由は2つあります。

1、営業の攻撃が激しい(複数となる)

2、査定額が通常の価格よりも高値提案されやすい

 

 

営業攻撃について

 

一括査定サイトを利用する方は、「まず知っておきたい」や「まずは査定から取り組むのかな?」という、何をしてよいか分からないけれど、不動産屋に直接コンタクトをとる段階ではないと思っている人が手を出します。

つまり「価格を知りたいだけ」。

 

そのような人は、本当に困ると思います。

 

営業の電話攻撃!

メール攻撃!

訪問攻撃!

DM攻撃!

 

は、覚悟してください。

 

「営業と会いたくない」とのお声がありましたが、それどころの騒ぎでなくなります。

 

営業との距離があり、気軽にできると思ったら大間違い

メールや郵送で査定書が届くだけ、と思ったら大間違い

 

この業界では、あなたから査定依頼が届いたら、すぐ電話。が常識です。

いくら「メール連絡希望」と書いても、電話がかかってきます。

 

 

周りで、引越の一括査定をした話を聞いたことがありませんか。

それと、同じです。

 

頼んだ会社だけ、接触し、断るなどの対応をしなければいけなくなります。

 

「一括査定は気軽ではない」と、覚えておいてください。

 

 

 

では、どういう人が一括査定向きでしょうか。また、一括査定以外で、価格を知っておきたい場合は、どうしたら良いのでしょうか。これは、後半部分でお伝えします!

 

 

 

 

 

理由1「営業攻撃が激しい」に続いて、理由2について説明します。

 

査定額が高値になる

 

これで売れる訳がないでしょー!!!という金額を出す会社もあります。

 

何故、一括査定サイトを介すると、こんな査定額になるのでしょうか。

 

理由は、査定金額が高いと、お客様が会ってくれるからです。

 

 

不動産営業は、お客様とあってナンボの世界。一括査定は、4〜6社くらいを一度に査定しますので、競合他社が多い為、

「どうしたら、お客様が会ってくれるか

「どうしたら、お客様が自分に興味を持ってくれるか

しか、営業は考えません。それしか…です!

 

その中で一番単純な方法が、査定額を高くする事なんです。

 

あなたが思っている金額を遥かに上回る査定額が出てくる事もあるでしょう。でも、心を踊ってはいけませんし、その金額をベースに住替え計画をするのは危険です。ご注意ください。

 

 

ここで、例をお伝えします。

仮に、査定額が5000万円の物件があるとします。5社に一括査定すると下記のような査定額が届きます。

 

A社  6800万円

B社  6200万円

C社  6350万円

D社  5900万円

E社  5000万円

 

まともなのが、C社だけ(笑)でもこんな感じです。ここで、あなたが一社だけ会いたい!と思うのは何社でしょうか?

 

 

仮にA社が最も高いので、実際に会った場合、次のようにA社の営業はいいます

「物件の周辺は〇〇な感じなんですね。室内の状況は意外に〇〇で、眺望が○○だと」

実際に拝見したら、査定は5000万円です。でも、チャレンジ価格で5980万円から販売はスタートしましょう!

 

こんな感じになりますが、営業マンとしては、会えば「勝ち(選ばれる)」が見えるし、会えないなら、やっぱり「負け」です。だから、一括査定の金額はどうしても高値になってしまうんです。

 

 

 

 

一括査定の使い方

一括査定サイトを、悪く言ってきましたが、サイト自体が悪いわけではありませんし、正直に査定している営業マンもたくさんいますが、査定するだけでは不動産会社の報酬にはなりませんので、どうしても「あなたに会って、仕事したい」という営業が始まってしまいます。

 

でも、「使い方」がありますので、参考にしてください。

ただ、大前提として、営業攻撃は避けられませんので、ご了承ください。

 

1、一番低い査定が査定額と思えばいい。

 

査定額を知る目的は、金額を把握して計画を考える事です。一番低い金額で計画すれば、あなたの計画は堅実に近くなります。また、低い査定額を出す会社はある意味信用できるとも考えられます。

 

 

2、営業と接する「きっかけ」として利用する。

 

具体的に計画する段階であれば、きっかけとして利用できます。

知合いに不動産関係者がいなければ、何かしらの形で、不動産の営業マンと接触しなければいけません。営業攻撃は、あなたにとって必要な連絡となります。

 

 

2、比較物件を見て、勉強できる。

 

査定書の内容が参考になりますし、営業の考え方を知る為にも参考になります。

価格算出する為に、近隣の事例が数物件添付されています。何の物件と比較して、査定額を出したのか見比べておきましょう。

例えば、比較するポイントがある程度一緒でなければいけませんが、駅からの距離だけを類似させ、(あなたの物件が築40年なのに)築年が浅い物件と比較しているのであれば、査定額は上がりますし、当然、正確な査定ではありません。

 

 

 

査定額を知るには

もし「知っておきたい」それくらいの段階であれば、スーモや大手サイトに物件が多く出ていますので、それで把握できるはずです。

1時間も見ていれば、だいたいの感覚が分かると思います。

 

 

 

具体的に話を進めたい方は、

 

査定の基本は、営業マンに会う事です。

 

より正確な数字を把握する為に、2人の営業マンと会う事をお勧めします。

 

一括査定であれば、多く選択をしないで、2社までにしておきましょう。

また、どうせ会うのであれば、一括査定を利用しないで、近な不動産会社を2社選んで接触してみる事をおススメします。知人、友人、地元など、思い描いてみてください。きっとコンタクトをしてみたい会社が出てくるはずです!

 

 

文責:宅地建物取引士 関谷健

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事