住みながら売却する場合、家の「しつらえ」はどうしたら良いですか。

居住中の「しつらえ」について

 

売却プランナーの関谷です。

住みながら売却をする人、売れたら引越しをする人は多くいると思います。

 

 

このブログでも何度もお伝えしていますが、改めて売却中の室内の設えについて述べていきたいと思います。

 

 

不動産は高額ですので、理想的な「設え」は、同じように高額な高級店舗、住宅展示場、マンションのモデルルームです。そこに入ると、信頼感、安心感、ワクワク感など、高額なりの前向きな感情が出てきます。そこを目指してください。

 

 

 

…ですが、そうは行かないですよね。

今の状況、今のインテリアの中で、最大限に近づける方法をお伝えします。

 

 

 

当たり前ですが、展示場には余計なものはありません。

 

次の家で不要なもの、しばらく利用していないものは、整理(捨てる・再利用)をしましょう。収納を開けないと売れませんので、収納も見られます。すっきりとした印象を与えられるようにしましょう。

 

 

 

また、案内の時だけで構いませんので、生活感を感じるものは一旦しまいましょう。冷蔵庫のメモ、カレンダー、歯ブラシ、スポンジ、洗剤、靴、その他オブジェ以外の小物は全てです。洗面台の上は何もなし、キッチンの上も何もなしです。適当でよいので、何かに入れておき、案内が終わったら元に戻します。

 

 

 

 

インテリア

大きなキズ・傷み、故障は治しておきましょう。

 

買う人が直すという形もとれますが、感情的に良い方向に動きません。ここでは高く売る方法を記載していきますので、不動産営業マンと相談しながら直すべき部分は直しましょう。もしタバコのヤニが壁紙についている部屋があれば、そこの壁紙交換とクリーニングは実施して直しましょう。気持ちが悪い、嫌だという感情が先に立ちやすく、「直せばいい」という理性的・合理的に考える人は少ないです。

 

 

 

 

照明

店舗、展示場のように全ての照明は点けてから、検討者を迎え入れてください。明るい印象をもってもらえるからです。友達が遊びに来た感覚で、見る部屋毎に点けて消すようでは、よい印象を与える事は難しいでしょう。

 

 

 

 

空気

暑ければエアコンを、寒ければ暖房を、ちょうど良ければ窓を開けるなど、肌が気持ち良い状態で迎え入れましょう。長く滞在してもらう為には、温度は大切です。店舗や展示場のように空気の状態を良くしておきましょう。

 

 

 

 

臭い・匂い

玄関は空気が淀みやすく、臭いが残りやすいので、気をつけましょう。全ての室内が芳香剤の匂いで満たされていると逆に怪しく感じるので、その他は無臭がよいでしょう。

 

 

 

 

掃除

これは、絶対です。風呂の水垢、洗面台の毛、トイレ汚れ、その他室内の埃なども綺麗に掃除しましょう。この後、この部屋を使いたいという気持ちになってもらいます

 

 

 

 

待機人数

多くて2人までです。家族が多い場合は、案内時だけでも外で待っていてもらいましょう。仮に売主4人家族、買主3人家族で不動産営業マンが売主側・買主側で2名の場合は、合計で9人になります。少しごちゃつきますので、狭さや動きにくさを感じるかもしれません。

 

 

 

 

カーテン

基本はオープンです。レースもです。できるだけ開口部を広くみせて、開放感や明るさを出していきましょう。しっかりとフサで綺麗に止めてください。気候がよく、風景もよければ窓も全開にしてお出迎えしましょう。

 

 

 

 

コース

決めておきますが、部屋の一番良い点から案内しましょう。一般的にはリビングですので、他の部屋を見せずに「奥のリビングへお進みください」と、飲食店に行ったときに席を誘導されるような形で、声をかけて誘導しましょう。個室の扉を閉めておいて、リビングだけ開けておけば、自然に足が動くでしょう。

 

 

 

 

総括

できるだけ「生活感がある」状態をなくしましょう。水垢・汚れ・臭い・ホコリ・キズ・目に見える物の全てです。できるだけキレイでスッキリとさせましょう。いつもその部屋で過ごしているので、基本的に分かりませんので、不動産会社に部屋の状態が良いか否かを確認しましょう。ただし不動産会社も嫌われて売却活動を断れるのが嫌なのでハッキリとした事は口にしない可能性があります。自分を律して進めていきましょう。

 

 

理想は「生活感のない・ワクワク」です。

 

 

頑張って、いまから片付け・掃除を始めていきましょう!

 

 

宅地建物取引士 関谷健

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事